最近ここ、9月、10月の乾燥したひんやりした気候は

私の楽器、ギターにとても良い影響を与えているようです。

低音から高音までなにか澄んで軽やかで、弾いててうれしくなります。

以前お邪魔した、米国やスペイン、ヨーロッパの気候に、この地の気候

も似てくるのでしょうか。

私の部屋で湿度45~50%ぐらい、

ベースがすーと伸び、高音もカラッと甘い音がしています。

新しい弦に変えたところ、

また驚きました。

クラシックギターとはなぜこんなにいい音がするのでしょうか。

このままこの季節がが続くと良いのですが、

そうはなりませんね。

これからは乾燥とこちら人間の体調の管理が注意です。

短い秋を楽しみましょう。